医院からのお知らせ

news

ホーム 医院からのお知らせ 薬が効かない?! 耐性菌の脅威 全国保険医団体連合会の記事から参照

薬が効かない?! 耐性菌の脅威 全国保険医団体連合会の記事から参照

この記事は全国保険医団体連合会月刊誌からで八木哲也氏/名古屋大学大学院医学系研究科教授に引用の許可をいただいております。

抗生物質の 飲みすぎ、中断に注意 

みなさんは「薬剤耐性菌」という言葉を聞 いたことがあるでしょうか。 抗生物質などの抗菌薬が効かなくなった細 菌のことで、複数の薬が効かない「多剤耐性 菌」も出てきています。どんどん耐性菌が増 えれば、新しい薬の開発も追いつきません。 そのような菌がまん延すると、感染症治療は 困難になり、約 90 年前のペニシリン発見以 前の世界に逆戻りしてしまうのではないかと 恐れられています。 今、そうした耐性菌が世界中で増えており、 今後、何も対策を取らなければ、2050 年ま でに、がんで死亡する人数を超えて 1000 万 人もの人が、治療薬のない薬剤耐性菌の感染 症で命を落とすという試算もあります。 世界保健機構(WHO)は各国に対策を呼 びかけ、日本でも 2016 年にアクションプラ ンを策定。11 月を「薬剤耐性対策推進月間」 に設定して力を入れています。 

耐性菌ができるまで 

まず、薬剤耐性菌は、どのようにできるの でしょうか。 抗菌薬を使い続けると、細菌たちはそれに 負けまいと、DNA を変化させるなどして対 抗し、だんだんと薬に耐える力をつけていき ます。ただし、耐性菌ができたからすぐに病 気になるというわけではありません。私たち の体には、たくさんの細菌が共生しており、 皮膚や口の中、腸内に「細菌叢」と呼ばれる 細菌の集団(細菌群)をつくっています。こ の細菌群に外から薬剤耐性菌が入り込んでき ても、普通は菌どうしの栄養分の取り合いな どで生存環境は厳しく、定着は困難です。 ところが、抗菌薬を飲んだり注射したりす ると、耐性菌の定着を防いでいた細菌群にも 変化が生じます。その抗菌薬が効く菌は少な くなり、細菌群の多様性が失われて、耐性菌 が増殖することになります。 スウェーデンと英国のある共同研究では、 被験者が抗菌薬を飲むとすぐに各細菌群の多 様性が低下しました。その影響は便の細菌群で大きく、約 4 カ月間続いた抗菌薬もありま した。 耐性菌が増えると、感染症を起こしたときに 治療が難しくなり、重症化や流行のリスクが高 まります。免疫力の弱い乳幼児や妊婦、高齢者 などは特に危険で、命にもかかわります。 

子どもと高齢者への 抗菌薬使用が多い 

日本での抗菌薬販売量データから推計する と、1日あたり約 200 万人が、内服薬や点滴 などで何らかの抗菌薬を使用している計算に なります。年齢別にみると、5~9歳の子ど もと 80 ~ 84 歳の高齢者が最も多く、子ども への投与量は大人に比べて数倍多く、一般的 な感染症に幅広く効くタイプの抗菌薬は、投 与日数で1歳前後の乳幼児が最も多いという 結果になりました。 幅広くいろいろな菌に効くというのは、一 見良さそうですが、耐性菌のことを考えると、 そうばかりとも言えません。たくさんの菌に 効くということは、細菌群の中の必要な菌も 殺してしまい、それだけ多様性がなくなって、 耐性菌が増え放題ということになってしまい ます。 

抗菌薬不要な場合が ほとんど 

のど たん 昔、かぜなどで鼻水や喉の痛み、せきや痰 がひどいときなどに「抗生物質」を飲んだ覚 えのある患者さんも多いのではないでしょう か。その記憶から、抗菌薬を出してほしいと 求める患者さんもいるかもしれません。 でも、かぜの原因は細菌ではなくウィルス なので、抗菌薬を飲んでも意味がありません。 また、例えば急性気管支炎では、肺炎の合併 症がなければ抗菌薬は不要な場合がほとんど です。 ドロドロの鼻水が出たり喉に落ちたりする急性副鼻腔炎では、症状が 重い場合は抗菌薬を使いますが、効く範囲が狭いタイプの 抗菌薬をしっかり飲むことが 大切です。 

 

しっかり飲むことも大事 

この、「しっかり飲む」とい うことも、耐性菌対策では重 要です。1日何回、何日間と、 決められた量をきちんと飲ま ないと、治療が中途半端になっ たり、やっつけたい細菌を死 滅させることができず、薬に 耐えた細菌が生き残ってしまいます。
また、以前に出された抗菌 薬が残っていても、自己判断 で飲まないようにしてください。似たような 症状でも、原因が同じとは限りませんし、実 際には必要のない抗菌薬を飲むことで、余分 な副作用を引き起こしたり、耐性菌を発生さ せたりしてしまいます。 抗菌薬を飲むことで常在細菌群は減り、耐性 菌は増えることになりますが、健康な人なら常在細菌群は時間をかけて復活してきます 

「抗生物質で早く治る」は間違い 

近年は、最初から抗菌薬を出さずに、せき や鼻水などの症状をやわらげる薬で様子を見 て、症状が良くならなかったり、悪化したり した場合に抗菌薬を使うやり方が実践されるようになってきています。 患者さんとしては、「早く治したい」「悪く ならないか心配」と思うかもしれません。し かし、スペインや英国での調査では、かぜで 受診した患者さんについて、様子を見てから 抗菌薬を出す方法でも、症状が良くなるまで の期間は最初から抗菌薬を出した患者さんと 変わらず、多くは抗菌薬を使わずに治ってい きました。 抗菌薬を正しく使い、正しく飲んで、薬剤 耐性菌が生まれるのを防がなければなりませ ん。安心して治療に使うことのできる抗菌薬 を次世代に残していくことが、私たちに課せ られた重要な責任の一つではないでしょうか。 

(監修:八木哲也/名古屋大学大学院医学系研究科教授)

目薬の”正しいさし方”と”間違ったさし方”について

第3回黄斑疾患セミナーに参加

この記事を見た人は、こんな記事を見ています