診療内容

MEDICAL CONTENTS

ホーム 診療内容 網膜動脈閉塞症

網膜動脈閉塞症

概要

多くは片眼性で中高年者に急激に生じる非常に高度な視力障害です。動脈閉鎖が分岐動脈の場合、視力は保たれます。

原因

動脈硬化を基盤とする血栓(高血圧、糖尿病)心房細動や弁膜症由来の血栓などによります。

症状

  • 痛み、充血を”伴わない”急激な高度視力障害

検査

視力検査

中心動脈閉塞では眼前手動弁、光覚弁、光覚消失

瞳孔反応

対光反射(正常眼では瞳孔に光をあてると瞳孔は急速に縮小します)消失、減弱

眼底検査

閉塞血管の網膜が乳白色に混濁します。散在性の網膜出血を生じることもあります。

OCT(三次元画像解析)

網膜内層が肥厚し高反射となります。

全身検査

高血圧、糖尿病、心疾患等を調べます

治療

眼球マッサージ

動物実験では100分以上の網膜虚血が続くと不可逆性変化を起こすそうです。 網膜中心動脈閉塞では(急激な高度視力を自覚しますが)直ちに病院へかけつける間も眼球マッサージを行います。 ※眼球マッサージ まぶたの上から患眼を1〜2秒圧迫、その後解除、すぐに再度圧迫、解除、これをくり返します。ただし、マッサージを行ってはいけない病気もあるためまずは眼科に連絡し指示をあおいで下さい。

その他

前房穿刺による眼圧下降、血管拡張剤の点滴などを行います。

対策

網膜動脈閉塞症には血栓を生じる動脈硬化がベースにあります。さらに動脈硬塞は全身の血管を生じているため心筋梗塞、脳梗塞などにも注意する必要があります。日頃から全身管理(高血圧、脂質異常、糖尿病などに努め、禁煙、運動などを心がけてください)

網膜静脈閉塞症

ぶどう膜炎

この診療内容を見た人は、
こんな診療内容を見ています