診療内容

MEDICAL CONTENTS

遠視

概要

遠視は焦点が眼球後方となるため、近視と異なり、遠くのものも、近くのものもはっきりと見ることができません。矯正しないとすべての視距離でピンボケになります。

症状

  • 子どもの遠視 子どもの遠視の場合、斜視や弱視の可能性があり、お子さんの目が内側(外側)に向いている、顔を傾けてものを見る場合などは眼科専門医を受診してください。 両親どちらかが斜視または弱視である 大人の遠視 パソコン作業やデスクワークが多く、近くの距離を長時間見続けている方で眼精疲労や肩こりなどの症状がある場合には、症状を軽減させるために手元用のメガネを装用して調節力をコントロールすることもできます。

検査

遠視の型を確定

調節麻痺屈折検査を行わないと遠視の全貌は診断できません。調節麻痺剤(それぞれ麻痺深度が異なり、トロピカミド、塩酸シクロペントラート、アトロピンの順に深くなる)を点眼して調節力を取り除き、検査を勧めます。

治療

小児は原則として早ければ早い方が望ましいです。乳幼児の矯正は経過観察しながら2歳半くらいまで待たざるを得ないことが多いです。矯正量は眼位が正位ならば絶対遠視のみを、内斜視があれば正位になるまで顕在遠視、潜伏遠視の順に矯正します。

対策

視覚発達段階にあるのでメガネは必要になります。特に屈折異常弱視であれば矯正視力が裸眼視力よりも上昇しなくても(悪くても)必要になりますのでご理解をお願いします。

乱視

近視

この診療内容を見た人は、
こんな診療内容を見ています