診療内容

MEDICAL CONTENTS

ホーム 診療内容 網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症

概要

網膜静脈閉塞症は網膜の血管(静脈)が詰まって(閉塞)、そこから先の血液や水分が血管から漏れ出て網膜に浮腫を起こすことでものが見えにくくなる病気です。

静脈閉塞が生じた場所によって病気は分類されます。

網膜中心静脈は視神経の中で網膜中心動脈と寄り添うように接しているため、動脈硬化や血管の炎症により柔らかい静脈が狭い視神経の中で圧迫されて閉塞し網膜全体に出血や浮腫が生じます。

閉塞の程度により、毛細血管閉塞の高度な虚血型と程度の軽い非虚血型とに分類されます。非虚血型のうち網膜浮腫の合併がほとんど見られないものを切迫型といいます。

原因

加齢性による

老化は網膜中心静脈閉塞症の危険因子とされています。しかし、50歳未満の若年者でも生じ、血管の炎症や血液疾患などの全身疾患から発症することもあります。

高血圧

高脂症

症状

  • ものが歪んで見える
  • 重篤な視力障害
  • 出血部位によっては自覚症状が全くないこともある

検査

カラー眼底写真

網膜中心静脈閉塞症では視神経乳頭(眼球から視神経が伸びていく出口)の所見や出血の範囲、程度を見ます

OCT(光干渉断層計)

網膜の浮腫や網膜の構造の乱れを調べます

治療

内科的治療

高血圧との関連が深いため、高血圧を指摘された場合、内科医による血圧管理が必要です。また、糖尿病などの動脈硬化の原因となる合併症の有無を調べ治療することも大切です。

薬物治療

黄斑浮腫に対する治療として眼球に注射します。 抗VEGF薬を眼球に注射:網膜静脈が閉塞すると血管内皮増殖因子(VEGF)が増殖されます。それを抑えるために抗VEGF薬を注射します。 副腎皮質ステロイド薬の注射:抗VEGF薬と同様に副腎皮質ステロイド薬もVEGFの作用を強力に制御することがわかっています。

レーザー光凝固

浮腫の生じている網膜へレーザーを照射して浮腫を引かせる治療

硝子体手術

眼球内部にある硝子体を手術により切除することで黄斑浮腫を改善させる方法

対策

網膜静脈閉塞症は抗VEGF薬により黄斑浮腫を早期に改善できることが可能になりましたが、様々な合併症を引き起こすこともあり注意が必要です。 高血圧をはじめとした全身疾患の場合が多く、血圧管理などで早期発見、早期治療を心がけましょう。

糖尿病性網膜症

網膜動脈閉塞症

この診療内容を見た人は、
こんな診療内容を見ています