診療内容

MEDICAL CONTENTS

ホーム 診療内容

診療内容一覧

(上)強膜炎

NOW PRINTING
準備中

ぶどう膜炎

NOW PRINTING
準備中

網膜動脈閉塞症

NOW PRINTING
準備中

網膜静脈閉塞症

NOW PRINTING
準備中

糖尿病性網膜症

NOW PRINTING
準備中

中心性漿液性網脈絡膜症

NOW PRINTING
準備中

加齢黄斑変性症

NOW PRINTING
加齢黄斑変性は増加傾向にあり、日本の高齢者の視力障害の原因疾患の一つで今後も増加が予想されます。 滲出型加齢黄斑変性に対しては抗VEGF薬硝子体内投与による治療が可能となり、治療開始時の視力が良ければそれを維持できると早期発見、早期治療が重要です。これらの治療法により、以前と比べて重い視力障害を生じることがなくなりました。 病気のタイプ 加齢黄斑変性の前段階:黄斑部に軟性ドルーゼンという黄色い「シミ」のようなものが見えます 滲出型加齢黄斑変性:前駆病変から慢性炎症や加齢による血液循環の網膜外側の脈絡膜から異常な血液(新生血管)が発生、黄斑は目の中でも新陳代謝が特に多く、そこに新生血管ができます。新生血管の壁は非常にもろいため、それが破れて出血します。視細胞が障害され、視力が低下、放置すると中心部がほとんど見えなくなる危険もあります。典型例の他にポリープ状脈絡膜血管と網膜血管腫状増殖の2つの特殊型で、日本人に最も多いのはポリープ状脈絡血管症です。 萎縮型加齢黄斑変性:日本人には比較的少ないタイプ。黄斑部が萎縮し、萎縮した部分が中心に拡大するとやがて視力は低下します。

黄斑部網膜上膜

NOW PRINTING
準備中

黄斑円孔

NOW PRINTING
準備中

裂孔原性網膜剥離

NOW PRINTING
準備中