新着記事

archive

ホーム ブログ

ドライアイ シリーズ3. 涙と油の関係

今回で3回目となりました。 ドライアイの原因のひとつに「涙と油の関係」があり、目の表面を覆っている涙の構造は外側から、油層、液層の二層構造をしています。その構造のバランス保持が大切…

more

ドライアイ シリーズ2. 涙の役割について

涙は「泣いた時に出るもの」と思われがちですが、目の表面を常に覆う大切な役割を持っています。 <涙の役割> ・酸素を与える ・目の表面に栄養を与える ・外敵から守る ・保湿 ・ゴミや…

more

はやり目(流行性角結膜炎)「注意喚起」

はやり目に感染している患者さんが非常に多くなっています。 目の症状(目やにが出る、充血、涙が出る、まぶしい等)以外にも、のどの痛みや発熱といった風邪に似た症状を引き起こすこともあり…

more

ドライアイシリーズ1. 概要

ドライアイ研究会では、これまでのシルマーテスト(専門のろ紙を瞼の縁にはさんで、5分間でどのくらいの長さが濡れるかを調べる検査)による涙液の測定等をなくしました。 これにより、”自覚…

more

上海旅行・・・スタッフからの感想

院長をはじめスタッフさん全員が初めての上海。 日本の文化や習慣の違いを知り、受け入れることができた良い旅行となりました。以下、スタッフさんからの感想です。 日本にいると爆買い等、中…

more

NOW PRINTING

最新の広角眼底カメラを導入

最新の広角眼底カメラ(カールツァイス社 CLARUS500)を導入しました。 従来の眼底カメラは網膜中心部に存在する視神経乳頭、黄斑部(ものを見る中心点)、血管の構造を観察するため…

more

スタッフ研修旅行 in 上海

去る7/14(土)から7/16(月)までお休みをいただき、スタッフ研修旅行に出かけました。 昨年は香港、今年は上海と2泊3日で出掛けられるアジアに毎年、足を伸ばしています。 上海の…

more

NOW PRINTING

最新の広角眼底カメラを導入

当院ではカールツァイス社製の広角眼底カメラを導入しました。 従来の眼底カメラは網膜中心部に存在する神経乳頭、黄斑部(ものを見る中心点)、血管の構造を観察するために使用していますが、…

more

当院の院内感染防止対策について

当院では全ての症状の患者さんや赤ちゃんにも安心しておかかりいただける様、 院内感染予防に細心の注意を払っております。 そのため、充血・メヤニがたくさん出る症状の方には接触感染(同じ…

more

小児眼疾患について

小児眼科 小児の眼疾患は、視機能の発達に重大な影響を及ぼすものが多く、早期発見と適切な治療が重要です。 小児眼疾患は、屈折異常や斜視、弱視だけでなく外眼部、前眼部、中間透光体、眼底…

more