診療内容

MEDICAL CONTENTS

ホーム 診療内容 裂孔原性網膜剥離

裂孔原性網膜剥離

概要

網膜が裂けてはがれる事で発症し、患眼の視野の中に見にくい、見えない部分が生じ放置するとその範囲が拡大していきます。

 

原因

外傷や加齢による急激な硝子体膜の剥離により網膜がけん引(引っ張られること)され、特に網膜のぜい弱な部位(格子状変性)に裂孔が形成され易く、裂孔下に硝子体液が入り込む事で剥離が生じます。

症状

  • 多くは急激な飛蚊症(眼前に虫や糸くずなどが見える症状)の増加が先行
  • その後、剥離の範囲に応じて視野の中に見えない部分が広がっていきます。
  • 剥離が黄斑部に達すると高度の視力低下となります。

検査

視力検査

眼底検査 

瞳孔を点眼にて大きく広げ接眼レンズで眼内を詳しく観察し、裂孔の大きさ、数、剥離の範囲を把握します。この検査は手術の際の大切な情報となります。

治療

レーザー治療

網膜裂孔のみのケースや剥離が裂孔周囲に極わずかなケースではレーザーで裂孔周囲を凝固する事でほとんどの完治できます。

手術

剥離の範囲が広範なケースでは、硝子体手術や強膜バックリング手術が必要となります。

対策

前述したように網膜に剥離がなく裂孔のみであれば、かなりのケースで、レーザー治療で完治できます。また、黄斑部(視力の中心部)剥離してしまうと手術によって剥離が復位されても視力予防は不良です。急激な飛蚊症を自覚した際は至急、眼科専門医の受診を心がけて下さい。

前房出血、眼球打撲

黄斑円孔

この診療内容を見た人は、
こんな診療内容を見ています