診療内容

MEDICAL CONTENTS

ホーム 診療内容 コンタクトレンズ外来

コンタクトレンズ外来

概要

コンタクトレンズには、大きく分けて「ハードコンタクトレンズ」と「ソフトコンタクトレンズ」があります。

「ハードコンタクトレンズ」は水分を含まないプラスチック製の固いレンズ。耐久性と光学特性に優れ、乱視矯正に適しています。すでにハードコンタクトを使用している方が新しいハードコンタクトを処方する場合、正確な処方を行うためには角膜形状を自然な状態に戻す必要があります。最低5日間はコンタクトレンズを装用しないで来院ください。

「ソフトコンタクトレンズ」は水分を含むと柔らかい素材で作られていて、目になじみやすく、つけ心地の優しいコンタクトレンズです。

低年齢の場合、コンタクトレンズの洗浄や管理が難しいことがあります。そのため、高校生以上の方に処方をお勧めしていますが、スポーツ等で必要な中学生には十分な指導を行い処方をすることもあります。ただし、受験生の方には感染のリスクを考え、極力処方はしておりません。アカントアメーバーなど重篤な感染症では、治療に数ヶ月掛かることもあります。

当院では妊婦さん、授乳中の方へのコンタクトレンズの処方は行っておりません。それは、コンタクトレンズによる眼疾患の治療に際し、抗菌剤の頻回点眼や点滴が必要になる場合があり、胎児や乳児への影響が懸念されるためです。妊婦さん、授乳中の方で現在コンタクトレンズを使用している方は、しばらくコンタクトレンズの休止をお勧めします。

対策

コンタクトレンズ装用者の増加にともない、誤った使い方や眼科専門医の診察、検査を受けずに角膜を傷つけるなどの眼障害を起こしているケースが増えています。眼に少しでも異常を感じたら、トラブルの悪化を防ぐためにもコンタクトレンズの使用を中止し、すぐに眼科専門医の診察、検査を受けてください。コンタクトレンズを安全、快適にお使いいただくには眼科専門医による診察、検査を受け、自分の眼に合ったコンタクトレンズを購入し、定期的に目とレンズのチェックを受けることが重要です。決められた装用期間や装用時間を必ず守り、正しいレンズケアを行うようにしましょう。

ボトックス治療(眼瞼けいれん)

心因性視覚障害

この診療内容を見た人は、
こんな診療内容を見ています