fbpx

診療内容

MEDICAL CONTENTS

ホーム 診療内容 眼精疲労

眼精疲労

概要

目の疲れを眼精疲労といいます。お子さんからご高齢の方まで色々な原因で発症します。最近、お子さんでもスマホやデバイスによる眼精疲労を訴えるケースも目立ちはじめています。また、それに付随してドライアイを生じ、さらに症状が重くなることもあります。子ども学習障害や就業者の体調不良などにもつながることがあります。

原因

屈折異常(近視・遠視・乱視)

老眼

ドライアイ

症状

  • 目の痛み
  • 頭痛
  • 時に吐き気なども伴います
  • 肩こり
  • 目が重たい

検査

視力検査

屈折検査

細隙灯検査(生体染色検査・涙液検査など)

ドライアイの検査(シルマーテストなど)

眼底検査

治療

適切なメガネ処方(屈折異常や老眼の場合)

ドライアイでは点眼処方したり目を温めて(ホットパック)涙の油の成分の分泌を良くするなどの指導をします

対策

電子機器の使用時間の制限や部屋の明るさや姿勢、デバイスとの距離、休日の積極的な戸外活動をアドバイスします

瞼裂斑(けんれつはん)

この診療内容を見た人は、
こんな診療内容を見ています