診療内容

MEDICAL CONTENTS

白内障

概要

水晶体(眼の中のレンズ)は本来、透明ですが色々な原因によって混濁(にごること)を生じます。混濁を生じた水晶体を白内障と呼んでいます。白内障は発生する時期により先天性と後天性に分類されます。

原因

先天性白内障の原因としては遺伝性、代謝性疾患、子宮内感染、外傷、ステロイド治療にともなって発生するものなどがあります。 後天性白内障の原因として一番多いものが加齢にともなう老人性白内障であり、その他、外傷、糖尿病、ステロイド治療等によっても発症してくることがあります。

症状

  • まぶしい(白内障の程度にもよります)
  • かすむ(白内障の程度にもよります)
  • 対向車のヘッドライトが散乱して見える(白内障の程度にもよります)
  • 信号機がいくつにも見える(白内障の程度にもよります)

検査

一般検査

検査は一般に視力検査、散瞳検査(瞳孔を点眼剤で大きく開きます)、眼圧検査、隅角検査などを行います。

術前検査

視力検査、散瞳検査(瞳孔を点眼剤で大きく開きます)、眼圧検査、隅角検査に加えてOCT(三次元画像解析)による眼底検査、レチノメーター(網膜の感度を調べます)、角膜内皮検査、移植する眼内レンズの同数等を決める検査等を行います。

治療

点眼治療

保守的な治療としては点眼剤によって白内障の進行をなるべく制限する方法がありますが、視力低下が進行している例や患者さん本人が苦痛を感じている例、仕事にも支障を来す例などでは手術を行います。現在、白内障手術は日帰り手術が一般的になっていますが全身疾患のある方などでは入院手術をお勧めすることもあります。

手術治療

手術時間は症例により異なり、難症例ではやはり手術の時間も延長しますが、順調であれば15分前後で終了します。眼内レンズは一度移植すれば半永久的です。白内障手術後、数ヶ月〜数年して視力が低下してくることがあります。これは後発白内障と呼ばれますが移植した眼内レンズの後ろの膜が濁ってきた状態ですがレーザーにて数分で治療することができます。

対策

対策としては最も多い加齢性白内障の原因として紫外線があります。外出時等は帽子やサングラス(UVカット)を着用するようにすると良いでしょう。

緑内障

巨大乳頭結膜炎