診療内容

MEDICAL CONTENTS

ホーム 診療内容 黄斑円孔

黄斑円孔

概要

網膜黄斑部に円孔を形成する疾患で中年女性に多くみられ

しばしば両眼性に発症します。

原因

後部硝子体膜の接線方向に牽引により黄斑部中心窩に円孔を生じます。経過により進行しますが、時に自然寛解(病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽減した状態。または見かけ上消滅した状態)のケースもあります。

症状

  • 経過により進行状況に応じて(中心)視力が低下します。

検査

視力検査

眼底検査

眼底撮影

OCT(三次元画像解析)

・stage1〜4までの病期に分類されます。

治療

病期に応じて治療方針が異なり軽症のstage1、stage2では経過観察が中心となります。

Stage3、stage4では硝子体手術が必要となります。

対策

円孔の閉鎖や視力予後は発症から手術までの期間や円孔の大きさに影響を受けることもあるため、自覚症状があれば他の眼科疾患との鑑別も含め早めの眼科受診、定期的な経過観察が必要です。

裂孔原性網膜剥離

黄斑部網膜上膜 

この診療内容を見た人は、
こんな診療内容を見ています