診療内容

MEDICAL CONTENTS

ホーム 診療内容 眼瞼下垂

眼瞼下垂

概要

眼瞼下垂とは上まぶた(上眼瞼)のまぶたのふち(瞼縁)が正常位置より下がっている状態です。

原因

眼瞼下垂の多くは先天性および加齢性ですが稀ではありますが筋無力症や脳動脈瘤による動眼神経麻痺にみられるような原因となる重要な疾患の兆候のこともあります。また、ハードコンタクトレンズの長期装用でも下垂が生じることがあります。したがって眼瞼下垂の種類あるいは原因の鑑別は重要になります。

検査

問診や視診といった基本的な診察

重症筋無力症では抗コリンエステラーゼ薬試験等

治療

先天眼瞼下垂

高度下垂(瞳孔の半分以上が覆われる)の場合には1歳ごろまでに手術を考えます。1歳未満は眼瞼が未発達で低矯正が多い。両眼性あるいは代償頭位をとっていれば3歳ごろの手術でも良いでしょう。

後天眼瞼下垂

自覚症状が強ければ手術の適応、原因疾患があればその治療を行います。

対策

先天眼瞼下垂では斜視、乱視、弱視の合併が多く認められますので合わせてこれからの加療が必要なこともあります。成人以降発症の眼瞼下垂には生命にかかわる疾患が潜んでいることがあるため速やかに受診してください。

ものもらい(霰粒腫・麦粒腫)

さかまつげ(内反症)

この診療内容を見た人は、
こんな診療内容を見ています