診療内容

MEDICAL CONTENTS

緑内障

概要

緑内障とは、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。

一度障害を受けた視神経は元には戻らないため、緑内障を完治させることはできません。
したがって、緑内障の治療は、視神経がダメージを受けてこれ以上視野が狭くならないように、眼圧を下げることが基本となります。

原因

緑内障の種類と原因

原因を他の疾患に求めることのできない原発緑内障、ほかの眼疾患、全身疾患あるいは薬物使用が原因となって眼圧上昇が生じる続発緑内障、胎生期の隅角発育異常で小児期に眼圧上昇を来す小児緑内障があります。 また原発緑内障は解放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障に分けられます。 緑内障による視神経の障害は眼圧(目の硬さ)がその人の眼が耐えられる眼圧より上昇することにより引き起こります。

開放隅角緑内障

房水の出口である線維柱帯が徐々に目詰し、眼圧が上昇することでゆっくりと病気が進行していく慢性病です。

正常眼圧緑内障

正常眼圧緑内障は眼圧が正常範囲(10~21mmHg)で緑内障になることを言い、開放隅角緑内障に分類されます。緑内障の約7割が正常眼圧緑内障であり、また欧米にくらべて日本人に多いことがわかりました。

閉塞隅角緑内障

隅角が狭くなり、ふさがり、房水の流れが妨げられることで眼圧が上昇します。慢性型と急性型があります。

発達緑内障

生まれつき眼内の水の流れ路が未発達であることから起こる緑内障です。黒目が大きくなり(牛眼)、両親によって発見されることがあります。

続発緑内障

ほかの眼疾患、全心疾患、あるいは薬物使用が原因となって眼圧が上昇する病態です。

症状

  • 少しずつ見える範囲が狭くなっていきます
  • 閉塞隅角緑内障の発作では眼がかすみ、充血が強くなり、瞳孔が拡大。および、激しい眼痛と頭痛や嘔吐を発症

検査

眼圧検査

直接、目の表面に測定器具をあてて測定する方法と目の表面に空気をあてて測定する方法があります。当院では緑内障の患者さんには必ず医師が直接、目の表面に測定器具をあてて眼圧は測定します。この検査は緑内障治療経過を確認するために重要な検査です。

眼底検査

視神経乳頭部や網膜神経線維層は眼の奥を顕微鏡で観察します。視神経が障害されている場合、視神経の陥凹(へこみ)の形が正常に比べて変形し、大きくなります。緑内障発見のための必須検査です。 眼底カメラを撮影して視神経乳頭の形の変化を継時的に観察します。

視野検査

視野の欠損(見えない範囲)の存在の有無や大きさから緑内障の進行の具合を判定します。継時変化を見て 統計学的に視野の感度を処理し、進行状況を観察します。

治療

最も確実な治療法は眼圧下降

眼圧下降によって緑内障の発症も進行も制御されます。 治療としては、眼圧を下げる効果のある目薬を点眼します。具体的には、房水の産生を抑える効果がある薬や、房水の流出を促す効果がある薬を点眼して、眼圧を低下させます。もともと眼圧が高くない人でも、眼圧を下げることによって、病気の進行を抑えることができます。

治療できる原因があれば原因治療

閉塞隅角症・緑内障など瞳孔ブロックが眼圧上昇の原因である緑内障に対する虹彩切開、ぶどう膜炎に伴う緑内障に対する消炎治療、血管新生緑内障に対する網膜光凝固、ステロイド緑内障に対する副腎皮質ステロイド投与中止などを行います。

薬物、レーザー、手術から選択

眼圧下降治療には薬物治療、レーザー治療、手術治療などがある。症例ごとの病期・病型に応じて適切な治療を選択する必要があります。治療法の選択に際して患者さんの年齢や疾患の重症度だけでなく、実際に継続が可能かなど考慮し、医師と患者さんが共同して決定する必要があります。

視神経炎

白内障

この診療内容を見た人は、
こんな診療内容を見ています