診療内容

MEDICAL CONTENTS

ホーム 診療内容 動眼神経麻痺

動眼神経麻痺

概要

動眼神経の走行範囲でなんらかの障害を生じると片眼の眼瞼(まぶた)が下がったり、複視(物が二重に見える)眼球が外側にずれたりします。

原因

血管障害、糖尿病、脳動脈瘤、感染(眼部帯状ヘルペス等)、脱髄疾患、外傷、脳腫瘍、海綿静脈洞病変等。

複視、眼球運動障害(内転、上転、下転障害)眼瞼下垂、瞳孔散丈などの症状の組み合わせとなりますが、程度は様々です。

症状

  • 複視、眼球運動障害(内転、上転、下転障害)眼瞼下垂、瞳孔散丈などの症状の組み合わせとなりますが、程度は様々です。

検査

視力

視野検査

眼位

眼球運動

対光反射

全身検査(採血等)

頭部CT・MR

治療

原因疾患に対する治療を行います。

対策

動眼神経麻痺では脳動脈瘤など生命に関わる重大な疾患が原因のこともあります。複視や眼瞼下垂を自覚した場合、脳外科や眼科専門医に直ちに連絡を取ってください。まず重大疾患の有無を検索することが必要です。

外転神経麻痺

視神経炎

この診療内容を見た人は、
こんな診療内容を見ています