診療内容

MEDICAL CONTENTS

老眼

概要

老視は加齢にともない必然的に生じる眼機能異常で程度の差はありますが、免れることはできません。老いは目と歯から始まると言われ、手元が見えづらいことで始まる老眼は、人間の機能的な衰えを自覚する最初の症状です。老眼の初期では自分が老眼であることを認めたがらなかったり、老眼鏡をかけることに抵抗がある患者さんも多いです。しかし、老眼を軽くみて、市販の簡単な老眼鏡を適当に装用し、目に合わない老眼鏡を使用することは、眼精疲労をはじめとした身体症状をきたす大きな原因になりますので慎重に行ってください。老眼鏡などの補正をせずに我慢してものを見ていると眉間のシワを形成しますので注意してください。

原因

目の中には水晶体(カメラのレンズに相当する)という組織があり、遠くのものや近くのもののピント調整しています。近くのものを見るときには、水晶体を吊り下げている毛様体小帯という線維がゆるみ、その結果、水晶体の厚みが増して近くのものにピントを合わせることができます。しかし、加齢とともに水晶体はかたくなり、毛様体小帯がゆるんでも水晶体の厚さを変化することが難しくなり、手元の文字などが見にくくなります。

症状

  • 疲労がたまる夕方ごろから近くのものが見えづらくなる。または頭痛、眼痛などの症状がみられます。また、暗いところなどでの手元の文字が見えづらい、ピントを合わせるのに時間がかかるようになります。たとえば、新聞やスマホなどの細かい字を読むとき、以前よりも目から離さないと読みづらくなります。スマホをしばらく使った後、ふと目をあげると、窓の外の景色がぼんやりして見え、しばらく見ているとだんだんはっきりしてくるというような症状が起きてきます。

検査

老視の年齢において見分けておきたい疾患として広隅角緑内障(原発開放隅角緑内障、正常眼圧緑内障)と乱視があります。

視力検査をつうじて、近視、遠視、乱視などの屈折異常がないかを検査します。つぎに細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査で眼底検査などで目に他の病気がないかを調べます。必要に応じて眼圧や視野の検査などもします。上記の検査を正確に行うことにより、老眼以外に目に他の病気(成人病など)がないかを確認する必要があるからです。老眼を疑って受診された患者さんの中に白内障や緑内障、眼底出血などの病気が隠れていることがときどきあるからです。

治療

検眼:眼科では適宜必要な検査したうえで、老眼による視力低下であるとの診断をします。自己判断ですませるのは危険ですので行わないでください。

手元が見えにくいなどの老眼の症状を自覚したらまず眼科専門医の診察を受けてください。自分で老眼だろうと思っても、他の病気による視力低下が隠れていることがあるからです。 検眼は医療行為で、法律のうえでも医師が行うことなので、眼科専門医の受診は大切になります。

対策

老眼鏡(海外では読書用めがねと言います)は、その人の生活スタイルや用途によって、異なる処方をします。 眼科受診の際は、現状の見えにくさや、職種や用途などを検査員と医師に伝えてください。患者さんのニーズに沿っためがねを処方します。

斜視

乱視

この診療内容を見た人は、
こんな診療内容を見ています