診療内容

MEDICAL CONTENTS

ホーム 診療内容 外転神経麻痺

外転神経麻痺

概要

脳左亢進や外転神経走行経路での障害により生じる複視、眼球運動障害

原因

血管障害、糖尿病、脳動脈瘤、脳腫瘍、外傷、脱髄疾患等

症状

  • 両側性、片側性、どちらのケースもあります。複視、患眼の外転障害。

検査

検査

視力

視野検査

眼位、眼球運動

全身検査(採血等)

頭部CT・MR等

治療

他の神経症状にも注意して障害部位を検索します。

両側性のケースでは脳圧亢進も考慮して精査し原因疾患の治療を行います。

対策

外転神経麻痺では普段健康な人では徐々に症状が軽快し治ってしまうものもありますが、中には重大な疾患が隠れていることもあります。 やはり、眼球運動障害や複視を自覚した場合は放置せず眼科専門医を受診してください。

感染性角結膜炎(はやり目等)

動眼神経麻痺

この診療内容を見た人は、
こんな診療内容を見ています