スタッフ研修レポート

report-2

ホーム スタッフ研修レポート スタッフレポート「アスタキサンチンのセミナー受講を終えて」

スタッフレポート「アスタキサンチンのセミナー受講を終えて」

スタッフレポート「アスタキサンチンのセミナー受講を終えて」

美容や体にも良いことは知っていましたが、今回の講習を聞くまではあくまでも高齢の方向けの製品だと思っていたため、自分で試してみようなどとは考えてもみなかったです。しかし、効果の説明を聞いて年齢関係なく多様な効能があることがわかったのでまず自分が試してみようと思いましたし、女性には美容液も一緒にどんどん使ってもらいたいと思いました。宣伝で新しい情報を掲示して患者さんにもどれだけ良いものかを伝えていきます。私は一度も飲んだり、美容液も使用したりしたことがないので、データ管理をしてそれも情報の一つとして提供するのも面白いと思いました。K.Y

 

今まで受付でご年配の方へサプリメント類を販売することが多かったが、アスタキサンチンは若い方にも嬉しい作用がたくさんなのでオススメしていきたい。ただ、いいサプリメントですよ!!と言ってオススメするのではなく、どんな作用があるかなど納得して購入していただけるよう知識をつけたい。I.A

 

人にはもともと活性酸素を無毒化にする「抗酸化力」が備わっている。しかし、様々な要因や加齢により「抗酸化力」は衰えていく。

アスタキサンチンが体内に吸収できるのは摂取したうちの5—20%である。「フリー体換算値」の表記があるものは体内で維持できる数値であり、それを加味しているため、実際はそれ以上のアスタキサンチンがサプリには含有されている。

アスタキサンチンが美容に良いということはなんとなく理解しているつもりでしたが、全身の健康にも様々な作用があることを知り、良かったです。酸化を防ぎ、少しでもキレイで健康な生活を送っていけるようにサプリメントと美容液で内側からも外側からも働きかけていきたいです。M.A

 

アスタリールの色・・ヘマトコッカス藻色素によるもの

服用は食後が良い・・朝夕各一粒、一日2粒

メーカー直販なしの販売である(医科歯科での販売)

フリー体換算値での濃度が含まれているので体内でMAX吸収できる。一般商品での配合と比較できるので良さをより伝えられる。ターンオーバーは年齢×1.5倍日。

多種、多様なサプリメントや美容液などが溢れている中で何を選択すべきか?では基準になるフリー体換算値について学べ、とても良かったです。

半端な品に無駄なお金を使わず、チョイスできる根拠がはっきりした分、お勧めできるようになります。また、自分のターンオーバーサイクルを知ることができて嬉しかったです。内から外からアクセスする大切さもしれて良かったです。K.N

 

アスタキサンチンは緑黄色野菜などに多く含まれるカルテノイドの一種で食品から摂れるため安全で1日どれだけとっても安心である。ヒトの細胞はストレス、排気ガス、喫煙や紫外線などの影響により老化が進むが、アスタキサンチンを摂取することで強力な抗酸化力が働き、全身を元気にする効果がある。毛細血管の血流を良くし、抜け毛、白髪にも効き、そのほか眼精疲労(ブルーベリーやルテインより効果あり)体脂肪低下、便秘改善などにも良い。アスタリールでは明日敵さんチンが含まれた栄養補助食品や美容液が製品化されているので私自身も実際試してみて効果を患者さんにお伝えしてオススメしていきたい。S.M

 

アスタキサンチン-世界で最も強い抗酸化素材。カニ、エビ、イクラ、タラコなどに含まれる赤色色素。製品(アスタリール)はヘマトコッカス藻色素から抽出されるため、甲殻アレルギーの方でも大丈夫。

効果:脳(認知症)、頭(白髪抜け毛)、肌(シミ、シワ、紫外線)、目(老眼、白内障)、全身(便秘、体脂肪減少、冷え性、持久力、心身ストレス緩和、生活病週間)他、全身疾患の予防、老化防止にも効果がある!!

製品:アスタリール、アスタケアは1日2粒を食後(朝夕)に一粒ずつ服用することがポイント(吸収率を上げる)

フリー体換算値(吸収量)が16mgであることは他社製品と比べるポイントになる。アスタケアには還元型コエンザイムQ10(美容、疲労回復)が3000円分くらい入っているのでオススメ!

アスタキサンチンは脳から爪先までの疾患予防、ストレス緩和や持久力までも効果のある万能サプリメント。

予防と聞くと一見、他人事と思いがちだがそれは逆で誰にでも当てはまること。症状がではじめた人には自然と魅力を感じるものだが、そうでない方にもこれからは予防医療の時代であることを広く伝えたい。症状が出てからでは手遅れの病もある。痛みや心身ともに辛い思いをする治療薬よりも心身ともに美しく居られるサプリメントを選べる時代であることを病院で伝えるのは効果的だと思う。K.M

 

アスタキサンチンは過剰な活性酸素を無力化する抗酸化力を高める作用がある。眼精疲労の軽減、白内障術後の症例抑制、加齢性黄斑変性、緑内障に効果がある。糖尿病のHbA1C改善にも効果があるのでぜひ勧めていきたい。S.J

アスタリールが良い製品だという認識はありましたが、具体的にと聞かれると返答に困ってしまう部分があったので効果や内服のタイミング等を含めて積極的に患者さんへオススメできるようになりました。アスタリールのアスタキサンチンは甲殻類からの抽出ではなく、藻からできていると説明があり、アレルギーの心配がある人でも安心して使えると分かりましたので自分自身でも製品を使いたいと思いました。M.K

 

事務長鈴木の日本化粧療法医学学会参加レポート

「患者さんに最善の医療・安心・満足を提供する」さらに“職場環境”を良好にしていこう!

この記事を見た人は、こんな記事を見ています