fbpx

おおるり目の健康コラム

column

ホーム おおるり目の健康コラム 緑内障定期検査脱落によるリスク

緑内障定期検査脱落によるリスク

緑内障定期検査脱落によるリスクについて

当院では緑内障と”診断”または”その疑いが考えられる”患者さんには定期的な検査を受けることを指導しています。
多くの患者さんは当院の予約システムを通じて次回の診察日を予定されていますが、中には予約システムを使わずにご自身の都合で受診される患者さんもいらっしゃいます。
後者の場合、自己管理において定期的に検診を受けられている場合は問題はないのですがそうでないケースにおいては「緑内障定期検査脱落」に陥りやすくなります。
緑内障は目の圧力で視神経が傷つき視野が狭くなっていく病気で中途失明の原因の第1位となっています。
40歳以上の20人に1人は緑内障に罹るとされ(日本緑内障学会:多治見スタディより)これほどありふれている病気であるにもかかわらず、治療を受けている人は1割程度で残りの9割は緑内障が未発見のまま放置されているのです。緑内障は症状が出ていてもなかなか気づかないことが多く(普段は両目で物を見るため、片目の視野が欠けていてももう片方の目がそれを補うため)、そのために受診が遅れ、知らないうちに病状が進んでいることが少なくありません。
以上のことを踏まえ、緑内障と”診断”または”その疑いが考えられる”患者さんは必ず定期的な検査を眼科で受けることをお願いします。
参考資料:「知らないうちに視野が欠けてくる緑内障」 監修岐阜大学名誉教授 北澤克明氏 アルコンファーマ株式会社
参考サイト:日本眼科学会 目の病気緑内障

4月8日のスタッフ研修から

学校健診を通じての感想

この記事を見た人は、こんな記事を見ています

おおるり眼科クリニック院長 鈴木徹

この記事を監修した医師

おおるり眼科クリニック院長
 鈴木徹