おおるり目の健康コラム

column

ホーム おおるり目の健康コラム 小学生の疲れ目・近視・紫外線のケアについて シリーズ1

小学生の疲れ目・近視・紫外線のケアについて シリーズ1

小学生の疲れ目・近視・紫外線のケアについて

小学6年生の約50%が視力1.0未満という状況にあります。
ゲームやスマホ・タブレットなどの普及に伴い、子どもの視力はますます低下傾向です。
子どもは大人より紫外線のダメージを受けやすく、見えにくさ、炎症などの子ども自身は自覚しにくいため近くにいる大人の方が正しい知識を持ってケアしてあげましょう。(参照元:教育研究論集2014.3小学生の視力低下と規程要因に関する分析)

お子さんの近視度チェク

・テレビや遠くを見るときに目を細める
・テレビに近寄って見たがる
・親には見える看板の文字などが見えていない
・姿勢が悪く、机に覆いかぶさる
・漢字の書き取りをよく間違えるようになった

お子さんのこんな行動はありませんか?

・長時間テレビを見続ける
・暗い場所でスマホや読書
・寝転んだり猫背で読み書き

近視予防には?

・テレビは適切な距離で見る
・机の明るさは適切な調整を(補充目安:300ルクス、蛍光スタンドの15〜20W)
・ゲーム機・スマホは明るいので画面の照度を下げる
・時間を決めて休息(スマホやゲーム機、読み書きも適宜休憩を)
・良い姿勢を保つ

 

お子さんが近視かもと思ったら眼科専門医を受診してください。

子どもの近視は「仮性近視」から「真性近視」へと進行します。「仮性近視」の段階ならば近視化を抑制することも可能です。

遠州地区眼科スタッフ勉強会レポート

小学生の疲れ目・近視・紫外線のケアについて シリーズ2

この記事を見た人は、こんな記事を見ています

おおるり眼科クリニック院長 鈴木徹

この記事を監修した医師

おおるり眼科クリニック院長
 鈴木徹