fbpx

ブログ

blog

ホーム ブログ 早期発見でお子さんの弱視を改善

早期発見でお子さんの弱視を改善

子どもの50人に1人は弱視です。

弱視は早期発見、早期治療で改善できるものですが、ご家族の皆さんでも気づかなかったり、見逃されることが多い症状です。

弱視は視力成長が完成する前に発見することが大切です。

4才以下の治療開始ならば95%以上の弱視が改善できます。

当院では「スポットビジョンスクリーナー」でお子さんの弱視の検査を行っています。

お子さんが3歳を過ぎたら視力健診を行うことをおすすめいたします。

ぜひ、「見つけよう!弱視」啓発動画をご覧ください。

5月の院長ミーティング

【重要】次亜塩素酸水、取扱いの変更

この記事を見た人は、こんな記事を見ています