医院からのお知らせ

news

ホーム 医院からのお知らせ インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンを接種しましょう

日本医師会健康プラザから引用します。

 

インフルエンザワクチンは完全にインフルエンザを抑えこむ事はできませんが、65歳以上の高齢の方の発病を半数近くに減らし、死亡を80%程度以上阻止します。6歳未満の小児の発病防止には50〜60%程度有効であるという研究があります。

 

ワクチン接種は誰のため?

インフルエンザにかかるのは15歳未満が最も多く、ついで60歳以上の方です。

入院は70歳以上が50%以上を占め、ついで0〜9歳の小児が20%程度です。

高齢の方はインフルエンザにかかると重症化しやすく、小児は重症化しにくくても多数がかかるので、入院者数は多くなります。

したがって、本来予防するのに最も重要な年代は高齢者と小児です。

10代後半から中年層はあまりかからず重要になる割合も低いのですが、学校や仕事を休めないのでワクチン接種を希望する人が多くいます。

多くの人が予防を心掛けることによって流行しにくくなり、高齢者や小児などへの広がりを抑えて重傷者数を減らすことにもつながります。

ワクチン接種はご自身のため、そして周りの人のためでもあります。

 

2020年冬のインフルエンザワクチン接種

インフルエンザワクチンは新型コロナウイルスには効果がありませんが、肺炎を起こしやすい両方にかかるダブルパンチを防ぐ効果はあるでしょう。

「マスク・手洗い・手指消毒」は、インフルエンザにも、新型コロナウイルス にも共通の予防法です。

いろいろな予防法を組み合わせてインフルエンザにも新型コロナにもかからないようにしましょう。

 

10月29日(木)午後の受付時間変更のお知らせ

秋のアレルギー「屋内のアレルゲンに注意」

この記事を見た人は、こんな記事を見ています