おおるり目の健康コラム

column

ホーム おおるり目の健康コラム まつ毛シリーズ② 伊藤医院眼科の有田玲子先生のお話しからの引用です。

まつ毛シリーズ② 伊藤医院眼科の有田玲子先生のお話しからの引用です。

まつ毛シリーズ②
先週から引き続き、伊藤医院眼科の有田玲子先生のお話から引用します。

まつ毛は不潔になりやすい!
まつ毛と目元を清潔に保つことがものもらい予防の基本です。

・霰粒腫は女性に多い傾向があります。ホルモンバランスも影響しており、生理周期や妊娠出産などがきっかけになることもあります。免疫力が低下すると細菌やまつ毛ダニが発生しやすくなるため、ストレス過多はものもらいを引き起こす要因の一つとなります。

・霰粒腫のある人はマイボーム腺機能不全になりやすいです。霰粒腫もマイボーム腺機能不全も脂質の異常、感染、炎症が影響します。マイボーム腺機能不全は涙の脂質不足を招き、ドライアイの一要因となります。涙の脂質不足は深刻なドライアイや目の不快感を引き起こすことがあります。

・マイボーム腺は体内のデリケートな器官です。一方でまつ毛は体の外、常に外界と接していて汚れやすい。さらにアイメイクやまつ毛のエクステは不潔になりやすい環境を増長します。頭皮と同様にまつ毛と目元の清潔を保つシャンプーは重要と言えます。また、コンタクトレンズの装用も影響があります。目をよくさわるので感染しやすいと考えられます。

先週お伝えしましたが、当院併設のコンタクトレンズ店で「まつ毛シャンプーの販売」を開始しました。

メントール配合で爽快感ある洗い上がりの「アイシャンプーリフレッシュ」とまつ毛美容成分をプラスした「アイシャンプーロング」の2種類を取り揃えています。

ご興味のある方は当店スタッフまでお申し付けください。サンプルを差し上げます。

まつ毛の清潔と「ものもらい」について シリーズ1

7月13日(土曜日)はスタッフ研修のため休診となります

この記事を見た人は、こんな記事を見ています

おおるり眼科クリニック院長 鈴木徹

この記事を監修した医師

おおるり眼科クリニック院長
 鈴木徹