fbpx

ブログ

blog

ホーム おおるり目の健康コラム コンタクト コンタクトレンズを初めて眼科で作られる方へ

コンタクトレンズを初めて眼科で作られる方へ

コンタクトレンズを初めて眼科で作られる方へ

おおるり眼科クリニックでは小中学生のコンタクトの処方は原則行っていません

スポーツなどの競技でどうしても必要という場合は保護者の承諾を得て行っています。

特に受験期のお子さんのコンタクトレンズ処方はコンタクト装用が原因で炎症が発症した場合、重篤な場合は入院をしなければいけない事態になることもあるため処方はお断りしております。

当院ではコンタクト処方の前にまずメガネを作成することをルールとしています

時々メガネを持たずコンタクトレンズを作りたいとおっしゃる方がいらっしゃいます。

メガネを持たないでコンタクトを先に作るのことは絶対やめてください。

コンタクトレンズを装用していると目にゴミが入ったり、充血したりすることがあります。

その様な時にはまずコンタクトレンズを目から外さなければいけません。

そのまま装用していると症状が悪化する恐れがあります。

そして、コンタクトを外した時に必要なのがメガネとなります。

メガネは一番先に作成してください

当院ではメガネ処方を行なっております。

当院で発行されたメガネ処方を持ってお好きなところでお作りください。

処方にあたっては午前中の目が疲れていない時に検査をいたします。

※メガネ処方の予約には枠に限りがありますので必ず受付までお問い合わせください。

コンタクトレンズは大変便利な視力矯正具ですが、装用方法を間違えると目に重篤な病気を患うこともございます。

高度医療管理機器であることを今一度ご確認いただき、正しい処方と装用をお願いいたします。

こちらのページもご覧ください↓↓↓

小・中学生のコンタクトレンズ処方に対する注意喚起

コンタクトレンズで失明?

 

 

おおるり眼科クリニック

院長鈴木徹

コンタクトレンズを初めて眼科で作られる方へ

初期の緑内障手術「アイステント手術」について

この記事を見た人は、こんな記事を見ています