子どもの視力

child

ホーム おおるり目の健康コラム 子どもの視力 お子さんの視力の変化に注意

お子さんの視力の変化に注意

子どもの視力は身体の成長とともに少しずつ発達すると言われています。

生まれてすぐの赤ちゃんの視力は光がわかる程度ですが、体の成長と同じように眼球も発達、視力も徐々に発達し、5から6歳頃には色を見分ける構造も出来上がり、大人と同じくらいの視力を持つようになります。

私たちはものを目で見ていると思いがちですが、実際は目で見た情報が脳で認識されて初めてものが見えているということになります。

情報を最初に得るところは目です。目で正しい情報を捉えることはお子さんの脳の発達にも大きく影響していると言えます。

小さいお子さんは見えにくい。と訴えることはほとんどありません。

普段、一緒に生活をしている保護者の方がお子さんの様子をよく観察してお子さんの少しの変化に気付いてください。

生まれたばかりの赤ちゃんがお母さんの姿を追う様子や、少し大きくなったお子さんが頭を傾けてテレビを見ている。両目の視線がズレている。など、少し変だな?と思ったら眼科専門医に相談をしてください。

勉強するときの姿勢やゲームの時間、暗いところで本を読んだりしない。などご家庭でルールを決めて健やかな視力を育むようにしましょう。

当院では乳幼児における弱視治療としてメガネの装用も推奨しています。

弱視治療のための眼鏡使用はお住まいの市町村により異なりますが、補助の対象となります。

乳児からでも装用できるベビーサイズのメガネ(トマトグラッシーズとスイスフレックス)を近隣の眼鏡店に依頼して取り揃えていただけることになりました。

生後1年ぐらいからのお顔の小さなお子さんでもお使いいただける、ベビーフレンドリーなメガネです。

その特徴は以下の通りです。

・安心・安全な素材(耐衝撃性・弾力性・材質の安全性)

・軽さ

・お子様一人ひとりにジャストフィット

・バンド(メガネ専用バンドで活発な動きでも外れない)

・お子さんの頭部の特徴に合わせたフレーム設計

・レンズ形状(レンズの不必要な部分をカット)

お気軽にお問い合わせください。

スイスフレックス 乳幼児の弱視治療

トマトグラッシーズ 乳幼児の弱視治療

8/13(木)午後の診察は予約の患者さんのみの診察となります

ボシュロムオンラインセミナー:スタッフ研修レポート

この記事を見た人は、こんな記事を見ています