医院からのお知らせ

news

ホーム 医院からのお知らせ 注意:百日咳の患者さんが増加

注意:百日咳の患者さんが増加

現在、県内で百日咳の患者さんが増加しています。

今後感染が拡大する可能性がありますのでみなさまにも注意のためお知らせいたします。

百日咳とは特有のけいれん性の咳発作を特徴とする急性気道感染症です。1歳以下の乳児、特に生後6ヶ月以下では死に至る危険性が高い病気ですので注意が必要です。

従来は子ども、それも乳幼児に多い病気だったので、大人には関係ないと思われていました。ところが百日咳はおとなにも増えています。国立感染症研究所情報センターによると患者にしめる成人(20歳以上)の割合は、2001年はわずか2.8%だったのが、この10年間毎年増え続け、2010年(1〜4月)には56%に達したとのこと。

つまり、現在では半数以上がおとなの患者さんが罹っているのです。百日咳は感染力が強いため感染した人の咳などから感染し、職場や学校で集団感染などの拡大が考えられます。さらに深刻なのは大人から子どもへの感染です。自分の健康のためだけでなく、子どもや周りの人へうつさないためにも長引く席には注意をしてください。

参照:国立感染症研究所情報センター情報サイト

ビジョンサポート機器展・相談会盛況に終わりました

ドライアイシリーズ5.「まつ毛ダニとは?」

この記事を見た人は、こんな記事を見ています