神経疾患

MEDICAL CONTENTS

ホーム神経疾患

診療内容一覧

緑内障

40歳以上の有病率は5.0%で、わが国では未だ治療を受けていない緑内障患者さんが多数潜在しています。緑内障の視神経障害および視野障害は進行性で一度発症したら戻ることはできません。 緑内障では患者さんの自覚なしに障害が徐々に進行するためその早期発見と早期治療による障害の進行の阻止あるいは制御が重要です。 Quality of LifeそしてQuality of Visionを考慮した疾患の管理を長期にわたって行うようにしましょう。

more

視神経炎

視神経に症じる炎症、変性、脱髄などで様々な原因で生じる。視力低下は軽度〜高度で急激に生じます。好発年齢は15〜50才くらいで両眼性は30%程度です。

more

動眼神経麻痺

動眼神経の走行範囲でなんらかの障害を生じると片眼の眼瞼(まぶた)が下がったり、複視(物が二重に見える)眼球が外側にずれたりします。

more

外転神経麻痺

通常の斜視と異なり、麻痺性の斜視では突然に複視を自覚するのが特徴となります。複視を避けるために麻痺のある方の眼が弱視になったり、両眼視機能が発達しなくなります。 外転神経麻痺は脳左亢進や外転神経走行経路での障害により生じる複視、眼球運動障害です。 外転神経麻痺では普段健康な人では徐々に症状が軽快し治ってしまうものもありますが、中には重大な疾患が隠れていることもあります。 やはり、眼球運動障害や複視を自覚した場合は放置せず眼科専門医を受診してください。

more