おおるり目の健康コラム

column

ホーム 小児眼疾患について

小児眼疾患について

小児眼科 小児の眼疾患は、視機能の発達に重大な影響を及ぼすものが多く、早期発見と適切な治療が重要です。 小児眼疾患は、屈折異常や斜視、弱視だけでなく外眼部、前眼部、中間透光体、眼底、中枢神経疾患、先天性緑内障など広範囲に渡ります。 小児眼は成人とは大きく異なり、より専門性が問われます。小児期における視覚障害は、その後の人生に大きく影響を残します。 そう言った意味でも保護者の方には、充分な注意を払っていただき、少しでも異変を感じたら眼科専門医に相談してください。当院では小児の健やかな視力を守っていきたいと考えています。

充血症状のある患者さんへ

当院の院内感染防止対策について

この記事を見た人は、こんな記事を見ています