世界のインフルエンザ関連死

米疾病対策センター(CDC)、世界保健機関( WHO)等の国際共同研究チームの最新の推計によると世界では毎年29〜65万人が季節性インフルエンザ関連呼吸器疾患で死亡しているとのことです。

年齢別では75歳以上の高齢者が最多であり、5歳未満の小児では年間死亡数は10万人前後と推計されるそうです。(発展途上国ではワクチンの製造配布が困難な国もある様です)

WHOはインフルエンザ及びインフルエンザ合併症の予防においてワクチン摂取を推奨しています。ワクチン摂取でたとえインフルエンザに感染しても症状を軽減でき、死亡数を減らせることが可能と考えればワクチン摂取も必要かもしれません。

Medical Tribuneより引用