気になる加齢黄斑変性について 日本眼科医会より

公益社団法人 日本眼科医会より記事を抜粋

加齢黄斑変性の発生のメカ二ズムは、老化によって黄斑部網膜の老廃物の処理する働きが衰え、

黄斑部に老廃物などが沈着し、網膜の細胞や組織に異変をきたすことと考えられております。

紫外線による暴露や、喫煙、遺伝、さらに生活習慣も変性への移行を促進していると考えられております。

加齢黄斑変性は欧米人に多く日本人に少ないタイプの「萎縮型」と、日本人に多い「滲出型」に分類されます。

萎縮型加齢黄斑変性は、黄斑部の視細胞がゆっくりやられてゆく病気です。

一方滲出型加齢黄斑変性は突然見えなくなる病気で進行が速く、治療を躊躇していると深刻な網膜の障害を残してしまう病気です。

その理由は、滲出型の場合「脈絡膜新生血管」という異常血管が突然発生したり活動化することによります。

この新生血管はとてももろく破れやすくまた漏れやすいため出血や滲出(血液の中の液体の成分が組織にもれること)により網膜の視細胞が障害されます。

正常な状態

滲出型加齢黄斑変性